fbpx
すべての人が役割を持ち、認め合える社会へ

ビジョン

  • HOME »
  • ビジョン

代表メッセージ

人が社会での役割を果たすということは生きがいを得るということです。
そのためには、皆がお互いに認め合うということが必要です。違いを認め合う、補い合う。同じことを認め合う、高め合う。相手の良い部分に目を向けていく社会、素敵だと思いませんか。
すべての人が役割を持ち、認め合える社会づくりに、私たちは就労支援を通して取り組んでいきます。
 
このビジョンを実現するために、私たちが会社として果たすべきこと、果たさなくてはならないミッションは「一人ひとりが輝けるステージを作る」ことです。私たちが役割を果たす場所は一人一人の足元に必ずあり、輝くということは、今この瞬間に、今与えられている役割をしっかりと果たすということです。いつか輝ける場所を探すのではなく、今輝けるステージを作ることが重要です。そしてそのステージを輝かせるために、私たちは周りの環境を整え、自分自身に向き合っていただくお手伝いをすることが求められています。
このミッションを会社として果たすため、私たちが大切にする価値観、私たちの変わらない指針は3つです。
1つ目、相手を理解し、認め合うこと。これは私たちの目指す社会のあり方そのものです。相手に関心を持ち、接することが、その人の良さを引き出すことになります。相手の悪いところではなく、良いところに焦点を当て、理解し、認めることを私たちは大切にしていきます。
2つ目、広い視野と柔軟な思考を持つこと。私たちが役割を果たす上で、自分たちだけが良ければ良いのではありません。社会全体がよくならないといけません。そのためには広く社会全体を俯瞰する、広い視野が必要になります。そして、社会は常に変わります。その社会の変化にも柔軟に対応する思考を私たちは大切にしていきます。
最後に3つ目、常に挑戦する心を持つこと。これから私たちが目指すビジョンは試行錯誤の連続です。これまでやってきたから、あるいはこれまでやってこなかったからということを理由にして、判断をするのではなく、何がお客様のため、社会のため、会社のため、社員のためになるのか、という判断基準で常に挑戦していくということを私たちは大切にしていきます。

 

「すべての人が役割を持ち、認め合える社会をつくる」というビジョンを実現するためには、私たちの今の目の前の役割であるミッション「一人ひとりが輝けるステージを作る」に真摯に向き合わなくてはなりません。ノーマリゼーションの価値観はこれからも大事にしつつ、社員一丸となって、お客様のため、社会のために貢献し続けてまいります。今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

VISION 〜目指す社会像〜

すべての人が役割を持ち、認め合える社会へ

MISSION 〜果たす使命〜

一人ひとりが輝けるステージを作る

ロゴマークのご紹介

チャレンジドジャパン・ロゴ
チャレンジドジャパン・ロゴ

ロゴへの思い

コーポレートカラーのグリーンを基調に、認め合うということを円で示し、イエローでステージを表しました。そうすることで、CとJ、つまりチャレンジドジャパンの頭文字を表しています。
また、チャレンジドジャパンのフォントも、私たちの役割にぴったりな、ユニバーサルデザインのフォントを採用しました。

ロゴデザインについて

人や社会の調和と繋がりを二つの円にたえ、それらが歩み寄っていく過程で頭文字のCが浮かび上がった瞬間を切り取ったデザインです。
人々が歩み寄り、個性を認め合えば、そこには輝きが生まれます。 そして、その場所は心置きなく自分らしい活躍ができる場所となるでしょう。
これはチャレンジドジャパンのミッションでもある「一人ひとりが輝けるステージ」を表しています。 このステージをさらに広げ、輝きで満たされる日を目指して。

理念の実践

理念の実践 ー就労支援ー



役割とやりがいを持てる機会を、すべての人に

チャレンジドジャパンの就労支援は、当社の理念である「すべての人が役割を持ち、認め合える社会へ」を実現するために、「一人ひとりが輝けるステージを作る」というミッションを掲げています。

「輝けるステージ」とは具体的な場所でも、スポットライトを当てることでもありません。私たちの目指す就労支援は、利用者の皆さんと共にその人の持つ力・特性を見出し、それを活かせる職場へと繋ぎ、やりがいと誇りをもって働き続けること。それこそが「輝けるステージ」であり、その土台作りが私たちのミッションなのです。

利用者の皆さんの特性を見極めるための重要なキーになっているのがチャレンジドジャパンの経験を元に開発した200を超える項目からなる「就労アセスメント」です。

支援員は、日々のプログラムの中で、アセスメントに則って一人ひとりの得意・不得意を見極め、ご本人とその特性を共有していきます。得意を伸ばし、苦手の改善を続けていくと、皆さん少しずつ前向きに、自信を持てるようになっていきます。その過程に関われることは、支援員にも大きなやりがいを感じさせてくれます。就職の際には、その方に必要な支援と配慮について、企業側としっかり情報を共有しミスマッチを防ぎます。 就職後も企業・ご本人・各センターで情報共有を継続し、働き続けられる環境作りを支援していきます。チャレンジドジャパンの定着支援が高く評価されている重要な要因です。

障がい者を雇用する企業を開拓することも、輝けるステージの土台作りには欠かせません。障がい者雇用を考えてはいるが、どうすれば良いのかわからず、採用に踏み切れずにいる企業が沢山あります。そんな企業に、具体的な受け入れ方法を紹介し、雇用を促進する活動にも注力しています。

人にはそれぞれ個性や特性があり、短所がない人はいないのと同様、長所や得意がない人もいません。障がいの有無で人をカテゴライズするのではなく、その人の特性を見つけ出し、その人の得意を引き出すことが大切なのです。病気や障がいは一人ひとり違うのに「障がい者」として一つにくくって良いわけがありません。努力して得意を伸ばしても、その輝きや力を発揮できる機会がなければ、本当に輝くことはできません。

世の中の足りていない部分を、私たちの力で埋めていきたい。仕事や自分の役割を果たせる機会を、誰もが持てる社会を作っていきたい。チャレンジドジャパンは、障がいの有無に関わらず、一人ひとりの個性を認め合い、誰もがやりがいを持って生きることができる、そんな社会を作っていくことを目指しています。

理念の実践 ーデザインー



RATTA RATTARRで、私たちは輝く

RATTA RATTARR(ラッタ ラッタル)は、運営会社のチャレンジドジャパンの理念である「すべての人が役割を持ち、認め合える社会へ」を実現するため、デザインの力を通し「一人ひとりが輝けるステージを作る」ことに取り組んでいます。「輝ける」とは、支援員が障がい者にスポットライトを当てるだけではなく、その方が本来持っている強みを引き出し、自信とやりがいを持って生きていくための手助けをすることです。RATTA RATTARRはこの理念を実践するために設立した「終わりのないプロジェクト」であり、社会のあり方への提言なのです。

クリエイター(障がい者)の描く原画を、アトリエリスタ(支援員)がその原画に最も適した製品へ応用し、製品化された売上をクリエイターに還元し、自立を支援する仕組みになっています。

アトリエリスタは、障がい者クリエイターのその日の体調や心の様子を見極めながら、適切な支援を行います。そして、日々の課題は、クリエイター自身が考えたり、気付きが芽生えるきっかけになるよう心がけています。その結果、クリエイターは今まで出来なかった表現ができるようになったり、自身も気づいていなかった才能が開花することもあります。また、自ら作品の説明をすることで、自己表現やコミュニケーション力が豊かになります。創作活動そのものが、苦手を克服したり得意を伸ばす、日々のトレーニングになっているのです。

同じ課題でも、仕上がる絵やクラフト製品はどれも個性的で、クリエイターたちはそれらの違いを楽しみ、認め合っています。このような環境から、RATTA RATTARRの多様性に富んだ作品が生まれるのです。
特筆すべき点は、クリエイターとアトリエリスタに上下関係がないことです。役割が違うのです。相互扶助関係にあり、双方欠けることなく、それぞれが役割を果たすことで、RATTA RATTARRは成長を続け、輝きを増していくことが出来るのです。

自分たちの作品が製品化され、誰かに届く喜び。自分たちがRATTA RATTARRを担っているという誇り。自分の役割を果たせたと、やりがいを感じる。RATTA RATTARRは、まさに私たちの輝けるステージになっています。
しかし、世の中は常に変化し、その時々で人々の役割は変わります。RATTA RATTARRも例外ではありません。だからこそ、RATTA RATTARRがこれからも輝き続けるためにも、世の中に呼応し変化を恐れず継続していく。チャレンジドジャパンは、RATTA RATTARRを「終わりのないプロジェクト」として、強い覚悟と意志をもって遂行していきます。そして、個々が認め合い、役割を果たし、やりがいを持って輝けるRATTA RATTARRのあり方が、世界に広がり、社会全体に浸透する日を目指し、私たちは挑戦を続けていきます。
PAGETOP
Copyright © 2021 株式会社チャレンジドジャパン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.