常に新しいチャレンジを、チャレンジドと共に

会社情報

  • HOME »
  • 会社情報

>>会社概要  >>役員紹介  >>沿革  >>アクセス  >>グループ法人  >>パートナー

会社概要

■商号 株式会社チャレンジドジャパン Challenged Japan Corporation

■設立 2008年12月22日

■代表者 代表取締役 白石 圭太郎

■所在地 宮城県仙台市青葉区本町 2-3-10 仙台本町ビル 2F

■資本金 11,500万円(資本剰余金含む)

■事業内容

  1. チャレンジド支援事業(就労移行支援、就労定着支援、相談支援)
  2. 企業支援事業(障がい者雇用コンサルティング)
  3. 社会デザイン支援事業(RATTA RATTARR)
  4. 教育事業(福祉力検定、福祉ロボット検定、ひゅーまにあきっず)
  5. 研究調査事業(ひゅーまにあ総合研修センター)
  6. ウェブメディア事業(Charedo)

■取引銀行 七十七銀行 名掛丁支店, 仙台銀行 本店営業部, 日本政策投資銀行, 山形銀行 仙台支店

役員紹介

代表取締役 白石 圭太郎 1983年宮城県仙台市生まれ。2006年東北大学経済学部卒業後、株式会社三菱東京UFJ銀行にて中堅中小企業向け法人融資業務に従事。2008年に株式会社チャレンジドジャパンを設立、代表取締役に就任。2012年より社会福祉法人チャレンジドらいふ理事(2017年より同代表理事)。2015年東北大学大学院経済学研究科修士課程(知的障害者の福祉的更正支援に関する研究)修了。2018年より公益社団法人全国重度障害者雇用事業所協会 理事
常務取締役 澤田 駿介 1983年宮城県仙台市生まれ。2006年東北大学経済学部卒業。三菱重工業株式会社にて産業用発電設備のアフターサービスセールスを経験。2008年末株式会社チャレンジドジャパンを設立、取締役に就任。経営企画、組織構築、人事採用業務の他、RATTARATTARR、福祉力検定を統括する。東日本大震災後は、復興支援の為の起業支援事業(内閣府・宮城県)にて、被災地の社会的起業の創業支援をおこなう。
常務取締役 大塚 裕介 1984年栃木県真岡市生まれ。2006年東北大学経済学部卒業。建設会社勤務を経て、2010年株式会社チャレンジドジャパン取締役に就任。主に新規拠点開発を担当や、職員教育業務に従事。全国のひゅーまにあ開設に関わる。2011年よりNPO法人チャレンジドファミリア理事を兼務し、障がい者グループホームの運営を行う。社会福祉士、精神保健福祉士。
社外取締役 藤井 浩司 1955年京都府生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程終了。東北福祉大学助教授、早稲田大学政治経済学部教授などを経て、現在は早稲田大学大学院公共経営研究科教授。専門分野は福祉行政学、行政学・地方自治、公共政策。所属学会は日本行政学会(理事)、日本地方自治学会。
監査役 下村 昇治(税理士) 1958年群馬県群馬郡倉渕村(現、高崎市)生まれ。茨城大学卒業後、新聞社、会計事務所での勤務を経て株式会社エスケイコンサルタントを設立。税理士の派遣業務に代表取締役として携わる。同社売却後、下村昇治税理士事務所開設。
監査役 淵上 貫之(弁護士) 1931年福岡県生まれ。修猷館高校、早稲田大学法学部を経て1963年より弁護士開業。弁護士業務のかたわら、東海大学法学部教授(1992年より評議員、2006年より監事)、早稲田大学雄弁会OB会事務局長、小渕恵三内閣総理大臣顧問をつとめる。
顧問 荒井 昭 1932年群馬県生まれ。群馬県立館林高校、中央大学卒。1952年に警視庁巡査拝命後、麻布警察署警備課長、警察庁長官官房総務課秘書室、警視庁第五機動隊長、同小松川警察署長、内閣官房内閣調査官、警視庁丸の内警察署長、同第四方面本部長、東京都副出納長(警視庁、東京消防庁担当)等を歴任。
顧問 千葉 忠夫 1967年に福祉国家の実態の勉強を志してデンマークへ。72年オーデンセ大学に入学。社会福祉の実践を学び、現地で社会福祉現場活動に従事。70年代に生涯の師バンクミケルセン(ノーマリゼーション提唱者)と出会う。バンクミケルセンの死後、彼の障がい者への情熱と偉業を後世に伝えるため、1991年N.E.バンクミケルセン記念財団を設立し、理事長をつとめる。

沿革

2008年12月 法人設立
2009年7月 就労移行支援事業「ひゅーまにあ」を宮城県仙台市で開始
2009年8月 人生を応援するWebマガジン「Charedo」開始
2014年5月 東京都中央区に東京支社を開設
2014年7月 教育事業「福祉力検定」開始
2016年1月 デザイン事業「RATTA RATTARR」開始
2016年3月 研究調査事業「ひゅーまにあ総合研修センター」開始
2016年6月 教育事業「福祉ロボット検定」開始
2016年12月 資本金(資本剰余金を含む)を6,500万円に増資
2017年12月 経済産業省 地域未来牽引企業に選定
2018年2月 教育事業「ひゅーまにあきっず」開始
2018年11月 ELLE DECO International Design Awards(EDIDA)
Japanese Social Design Project選出
2019年1月 資本金(資本剰余金を含む)を11,500万円に増資
プロジェクト実績
2018年〜

神奈川県 ロボット普及・浸透推進事業

・ロボット体験キャラバン
神奈川県内の介護・障がい者(児)施設、医療機関、地域のコミュニティ、福祉イベント、学校等を訪問し、職員等の参加者に様々な生活支援ロボットの体験を通じてロボットの有効性を実感してもらう取り組み。

・ロボット体験施設
様々な生活支援ロボットのある暮らしを生活空間の場として、ショールームにロボットを設置して来場者に体験してもらう取り組み。

2014年〜

バンクミケルセン記念財団日本事務局

バンクミケルセン記念財団は、社会福祉の父と言われるバンク-ミケルセンに学び、障がいがある人たちに、障がいのない人たちと同じ生活条件をつくりだす『ノーマリゼーション』の考え方を世界に広げるための活動を行っています。 株式会社チャレンジドジャパンは、ノーマリゼーション型社会の実現をミッションとして掲げており、バンクミケルセン記念財団の趣旨に賛同し、日本事務局として記念講演会・バンクミケルセン記念財団栄誉賞授与式の実施をサポートします。

2014年6月〜2019年3月

宮城県 障害者雇用アシスト事業

宮城県内の企業に対し、雇用支援・助言や障がい者雇用に関するセミナーの開催を行ないます。 また、障がい者雇用の事例集の作成や特別支援学校の見学会を開催することで、障害者雇用の普及啓発、宮城県における雇用率の効率向上に努めます。
実績や事例 https://souken.ch-j.co.jp/

2014年4月〜 2015年3月

復興庁「新しい東北」先導モデル事業 東北起業支援サポーター 起業の”まち医者” 育成プロジェクト

地域の課題に対応する「社会的企業」の起業を目指す人や起業した人に対し、起業の準備から事業展開に関して相談相手となり、助言をしたり、関係機関を紹介するソーシャルビジネス・コーディネーター(sbc)を宮城県の各地域で育成し、起業の促進、及び事業の定着化を支援しました。

2013年4月〜 2014年3月

宮城県 震災復興起業支援事業

被災地における「社会的課題」を解決するため,社会的起業を目指す団体等を支援し,地域における雇用の確保と自立的な経済活性化を図りました。

2012年4月〜 2013年3月

内閣府 復興支援型地域社会雇用創造事業

被災地における起業と雇用を創造するため、社会的課題を解決するための新規性のある事業を行う「社会的企業」の起業や「社会的企業」を担う人材の育成を支援しました。

2009年4月〜 2010年3月

国土交通省 地方の元気再生事業

限界集落等における地域活性化の取組みにおいて最大の隘路となる立ち上がり段階を支援する事業です。持続可能な地域活性化の取組みの本格展開へと道筋をつけることを目的とし、千葉県において地域支援を実施しました。

アクセス

■本社

〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町 2-3-10 仙台本町ビル2F TEL : 022-748-6250 FAX : 022-748-6251FAX : 022-748-6251

宮城県仙台市青葉区本町 2-3-10
JR「仙台駅」西口より徒歩8分 仙台市地下鉄南北線「広瀬通駅」西1出口より徒歩1分

■東京支社

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町 1-8-3 郵船茅場町ビル6F TEL : 03-6280-3071 FAX : 03-6280-3632FAX : 03-6280-3632

中央区日本橋茅場町 1-8-3
東京メトロ東西線、日比谷線「茅場町駅」6番出口より徒歩1分 都営地下鉄浅草線「日本橋駅」D1出口より徒歩3分

■デンマーク支社

c/o BRENDERUP HØJSKOLE, Stationsvej 54, 5464 Brenderup, Middelfart, Denmark  

Stationsvej 54, 5464 Brenderup, Denmark
 

■Design & Craft Atelier RATTA RATTARR

〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉957-63 TEL : 0267-31-5181 FAX : 0267-31-5182FAX : 0267-31-5182

軽井沢町長倉957-63
JR「軽井沢駅」より車15分、しなの鉄道「中軽井沢駅」より車10分

■事業所一覧

就労支援センターひゅーまにあ 事業所一覧

グループ法人

社会福祉法人チャレンジドらいふ

本部:宮城県仙台市 ノーマリゼーションの理念を基本に、利用者一人ひとりが地域社会の一員として、将来にわたり安心して心豊かに暮らすことができるよう、家族や地域住民、関係機関等と連携を図りながら支援を行なうことを目的に設立し、様々な形で障がい福祉の事業所を運営しています。

  • 多機能型事業所 すていじ仙台
  • 生活介護事業所 フォレスターナ仙台
  • 就労継続支援B型事業所 ボーノボーノ大崎東
  • 生活介護事業所 フォレスターナ若林
    上記の他に、5つのグループホーム、2つの相談支援事業所があります。

全国福祉力検定協会

本部:東京都中央区 福祉に関する知識や技能を身につけることを目的とした福祉力検定を実施しています。福祉力検定を通じて、お年寄りや障がいのある方など、誰にとっても生きやすい社会の実現を目指す協会です。 これまでの福祉系資格と異なり、福祉をより多くの方に広めるために、実務経験や学歴などによる受験資格規制を設けていません。福祉事業者だけでなく、ビジネスマンや学生の方も多く受験しています。

パートナー

戸越税理士法人
税務 戸越税理士法人 代表 戸越 一成 チャレンジドジャパンとは、設立以来のお付き合いになります。創業者や経営陣をはじめ、会社全体が利用者の方を家族のように大切に思っている事が伝わります。日本の社会保障を取り巻く環境は重要かつ喫緊の課題だと思います。その課題解決に向けて取り組んでおられるチャレンジドジャパンの発展に、少しでもお役に立てれば幸いです。 >>ホームページ
うもと社会保険労務士事務所
労務 うもと社会保険労務士事務所 代表 宇元 美樹 私の前職場で障がい者の方が適応できず、退職してしまうケースが多々ありました。チャレンジドジャパンは、企業と障がい者の方の橋渡しを担う会社であり、お付き合いでき光栄に思います。 益々のご発展をお祈りしております。
   
竹田公認会計士事務所
監査 竹田公認会計士事務所 代表 竹田 正幸 代表の白石さんは私の大学の後輩で、誠実かつ実直で信頼できる方です。チャレンジドジャパンとは会計監査や経営上のご相談などを受けております。この会社の事業は、社会的にも大変価値があり、そしてニーズの高い仕事だと思います。チャレンジドジャパンはこれからの日本の福祉事業をリードし、重要な役割を果たす企業だと確信しております。 >> ホームページ
法務部 武藤雅之(弁護士) 当社では、利用者や社員の法務リスク管理を重視し、法務部を当社東京支社内に設置しております。 須長 檀(RATTA RATTARR クリエイティブディレクター) スウェーデン王立美術大学で家具デザインを学び帰国、軽井沢を拠点に創作活動とショッププロデュースを行う。海外受賞歴多数。

PAGETOP
Copyright © 2019 株式会社チャレンジドジャパン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.