ロボットリテラシー授業

株式会社チャレンジドジャパンは、神奈川県の「さがみロボット産業特区」の取り組みによる「ロボットリテラシー授業」を受託し、実施することになりましたのでお知らせします。

「ロボットと共生する社会」の実現を目指す「さがみロボット産業特区(神奈川県)」では、特区内の小学校9校において、児童が「ロボットを上手に使いこなすためのロボットリテラシーを身につける」をテーマに、2019年1月16日から2月18日の間授業を行います。

■授業の概要

テーマ「ロボットを上手に使いこなすためのロボットリテラシーを身につける」
授業内容(約90分)

  • 全体学習
    ロボットの仕組みやロボットを使う際の心がまえを学ぶ
  • グループ学習
    介護現場等で使われているロボット(電動車椅子、リハビリ支援ロボット、コミュニケーションロボットなど)を体験しながら、ロボットの正しい使い方を学ぶ
  • ロボットリテラシーに必要な事を考える

講師 株式会社チャレンジドジャパン
体験ロボット(予定) NAO、PALRO(富士ソフト(株))、TANO((株)ラッキーソフト)、PARO(大和ハウス工業(株))、パワーアシストハンド((株)エルエーピー)、WHILL(WHILL(株))

実施日時及び学校
1月16日(水) 藤沢市立村岡小学校
1月21日(月) 伊勢原市立大山小学校
1月22日(火) 伊勢原市立緑台小学校
1月23日(水) 伊勢原市立大田小学校
1月28日(月) 海老名市立有鹿小学校
1月31日(木) 海老名市立今泉小学校
2月 1日(金) 愛川町立高峰小学校
2月13日(水) 愛川町立中津第二小学校
2月14日(木) 海老名市立大谷小学校
2月18日(月) 藤沢市立村岡小学校

■「さがみロボット産業特区」について

2013年2月に、国から「地域活性化総合特区」として指定を受けた「さがみロボット産業特区」は、少子高齢化の進展・自然災害への対応などの課題に対し、生活支援ロボットの実用化を通じて「県民生活の安全・安心の確保」や「県内経済の活性化」を目指す取組です。ロボットが社会に溶け込み、いのちや生活を支えるパートナーとして共生する社会の実現を目指しています。

さがみロボット産業特区

■チャレンジドジャパンのロボット検定事業について

「人が人を支援する」から「必要な場面に応じてロボットを組み合わせる」に介護業界は変わっていきます。サービスレベルと生産性向上、心理的ストレスや体の負担軽減を見込み、人とロボットが共存する時代です。福祉・介護分野においてロボットと人が一体となって何が出来るかを考え、安全・安心・適切な活用のための人材育成として、福祉ロボット検定の提供や、福祉ロボットに関する教育を行います。

■お問い合わせ

福祉力グループ 佐野
メールアドレス:[email protected]
電話:03-6280-3671