令和元年 春の叙勲
当社顧問 千葉忠夫氏が旭日双光章を受章

N.E.バンクミケルセン記念財団理事長・当社顧問の千葉忠夫氏が令和元年春の叙勲において、旭日双光章(国際福祉への貢献)を受章することとなりましたので、お知らせいたします。

日本のみならず、国際福祉への長年の貢献が認められ、このたびの受章となりました。

千葉 忠夫氏 略歴

1941年生れ
1967年 社会福祉勉学のためデンマークに渡る
1974年 オーデンセ大学入学
1979年 Social Pædagog( 生活指導教諭に認定)
1983年 社会不適応児のためのBogense生活学園創設、園長
1992年 N.E.バンクミケルセン記念財団設立(デンマーク内務省認可)理事長
1994年 デンマーク北フュン島Year of The Manに選出される
1997年 デンマーク文部省認可日欧文化交流学院(Folke Højskole)創設、学院長
1998年 第28回毎日社会福祉顕彰受賞
2006年 世界が尊敬する日本人100人の内の一人に選出。Newsweek 日本版
2008年 第20回外務大臣賞受賞

著書:
世界一幸せな国デンマークの暮らし方、格差と貧困のない国デンマーク(PHP 新書)他

 

※旭日章とは
勲章の一つで、社会の各分野で顕著な功績を挙げたものに授与されます。
貢献の内容によって、旭日大綬章、旭日重光章、旭日中綬章、旭日小綬章、旭日双光章、旭日単光章の6種類に分かれています。